本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > A000004-1954|伝 民部卿局|伊勢物語 塗籠本

伊勢物語 塗籠本 伝 民部卿局

種別

A書跡

作者

伝 民部卿局(でん みんぶのきょうのつぼね)

作品名

伊勢物語 塗籠本(いせものがたり ぬりごめぼん)

制作年

鎌倉時代

材質・技法

紙本墨書

寸法・
表装を含む外寸

縦16.9×横15.9cm

文化財指定

重要文化財

解説

『伊勢物語』は、平安時代前期に書かれた歌物語で、作者や完成時期は不明です。主人公の男の元服から亡くなるまでを表しており、在原業平の歌が多く登場することから、業平が主人公ともいわれます。
「伊勢物語 塗籠本」は、平安京の御所・朱雀院における「塗籠」という書物を保管する場所に収められていた伊勢物語のことで、公卿の高階成忠(高二位)の本であったことから「高二位本」とも呼ばれています。この「高二位本」を伝える写本のひとつが、藤原定家の息女、民部卿局が書き写したとされる当館の《伊勢物語 塗籠本》です。
115段・198首の和歌から成る、現存する伊勢物語の写本の中で最も少ない構成となっています。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。