本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > A000045-1965|大久保 利通|七言絶句偶成三首

七言絶句偶成三首 大久保 利通

種別

A書跡

作者

大久保 利通(おおくぼ としみち)

作品名

七言絶句偶成三首(しちごんぜっくぐうせいさんしゅ)

制作年

明治時代

材質・技法

絹本墨書

寸法・
表装を含む外寸

(各)縦143.8×横59.3cm

文化財指定

なし

解説

大久保利通(1830~1878)は、号を甲東と言い、西郷隆盛、木戸孝允とともに「維新の三傑」の一人と呼ばれています。
明治7年(1874)10月、台湾出兵に始まった台湾問題の処理のため、全権大使として派遣された大久保は北京で清国と交渉し妥結します。本書は、北京での交渉が妥結した後、同年11月に詠まれた漢詩です。

【釈 文】
奉勅単航向北京 黒烟堆裏蹴波行 和成忽下通州水 閑臥篷牕夢自平 下通州偶成 甲東
秋色長天望裏清 一湾緑遶厦門城 樹蟠石秀多風趣 造化奇工画不成 過厦門偶成 甲東
大海波鳴月照営 遠征萬里若為情 孤眠不結還家夢 遥聴中宵囉叭聲 宿亀山陣営偶成 甲東

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。