本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > A000078-1969|後光厳天皇|宸翰 書状

宸翰 書状 後光厳天皇

種別

A書跡

作者

後光厳天皇(ごこうごんてんのう)

作品名

宸翰 書状(しんかん しょじょう)

制作年

南北朝時代

材質・技法

紙本墨書

寸法・
表装を含む外寸

縦31.5×横56.2cm

文化財指定

重要美術品

解説

後光厳天皇(1338~74)は、南北朝時代の北朝第4代天皇。南北朝期は、書流史上において、天皇や皇族を中心に優れた人物を輩出した時期でもあり、その中でも後光厳天皇は能書家として傑出した一人に数えられています。
本書は、急ぎ相談を要することがあるため、明日中に参上するようにある人に催促したものです。崇光上皇(伏見殿)よりも重ねて催促があったため、その旨は賢俊僧正にも伝えたとあり、賢俊とも談合する必要があったと思われます。後光厳天皇の気品の高さ、力量の豊かさが遺憾なく発揮された書です。
※昭和44年3月20日、佐藤清治コレクション82点を売却し、購入。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。