本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > B000003-1949|椿貞雄|静物(桃と茶碗のある)

静物(桃と茶碗のある) 椿貞雄

種別

B絵画

作者

椿貞雄(つばき さだお)

作品名

静物(桃と茶碗のある)(せいぶつ・ももとちゃわんのある)

制作年

不詳

材質・技法

キャンバス・油彩

寸法・
表装を含む外寸

24.3×33.4㎝(F4)

文化財指定

なし

解説

椿貞雄(1896~1957)は、山形県米沢市に生まれる。大正3年(1914)に画家を志し上京し、岸田劉生と出会う。「油絵という西洋画法で日本人の心を描く」という劉生の理想に共鳴し、共に草土社を創立。写実を通して精神的な「内なる美」を追求した。劉生の影響を強く受けた重厚な色調による作品を制作。劉生の没後、昭和7年(1932)に渡欧。帰国後は、過去の画風から脱却し独自の表現を確立する。晩年は孫に囲まれ、家族を主題とする愛情あふれる作品を描いた。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。