本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > B000010-1954|中林 竹渓|柳下愛蓮図

柳下愛蓮図 中林 竹渓

種別

B絵画

作者

中林 竹渓(なかばやし ちくけい)

作品名

柳下愛蓮図(りゅうかあいれんず)

制作年

江戸時代後期

材質・技法

扇面・紙本着色

寸法・
表装を含む外寸

縦20.8×横57.0㎝

文化財指定

酒田指定文化財

解説

中林竹渓(1816~1867)は江戸後期の文人画家。名は成業、字は紹夫。文人画家・中林竹洞の長男。生来才気に富み、父や山本梅逸の指導を受け、若くして一家を成した。南宗画風に北宗画法を加えた作品で人気を博し、主に京都で活躍した。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。