本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > B000052-1967|呉春|東山山水図

東山山水図 呉春

種別

B絵画

作者

呉春(ごしゅん)

作品名

東山山水図(ひがしやまさんすいず)

制作年

江戸時代後期

材質・技法

紙本淡彩

寸法・
表装を含む外寸

縦100.3×横28.7cm

文化財指定

なし

解説

呉春(1752~1811)は、姓は松村、俳号は月渓。はじめ狩野派の大西酔月に師事し、次いで与謝蕪村に俳諧と絵を学びます。蕪村没後、円山応挙の門人となり、応挙の平明な写生画法に、蕪村に学んだ俳諧的な洒脱みを融合させて新しい画風を確立します。呉春をはじめ門下の多くが京都の四条近くに住んでいたため、その一派は「四条派」と呼ばれるようになりました。
本図は、穏やかな京都東山の風景(東山三十六峰)を描いた作品で、画中には呉春の句賛「ふとんきて ねたるすがたや 東山」が書かれています。この句は、江戸時代前期の俳人・服部嵐雪(1654~1707)の句集「枕屏風」に収録されている句です。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。