本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > B000086-2010|狩野 常信|雲中文殊之図

雲中文殊之図 狩野 常信

種別

B絵画

作者

狩野 常信(かのう つねのぶ)

作品名

雲中文殊之図(うんちゅうもんじゅのず)

制作年

江戸時代前-中期

材質・技法

絹本着色

寸法・
表装を含む外寸

縦107.5×横38.2㎝

文化財指定

酒田市指定文化財

解説

狩野常信(1636~1713)は、木挽町狩野家の祖である狩野尚信の長男として生まれ、15歳で父の跡を継ぐ。狩野探幽に画を学び、古画の研究に努めた。古来より、狩野元信・永徳・探幽・常信は、狩野派の四大家と評されている。
本図は、右手に経典を持ち、雲の中から上半身のみ現した文殊菩薩を描く。知恵を象徴する文殊菩薩は、狩野派ではよく描かれた画題。広くとられた余白と、淡い墨によってほのかに漂う雲煙による空間表現が秀悦な作品である。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。