本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > D000136-1965|楽 長次郎|黒楽茶碗 銘さび介

黒楽茶碗 銘さび介 楽 長次郎

種別

D工芸

作者

楽 長次郎(らく ちょうじろう)

作品名

黒楽茶碗 銘さび介(くろらくちゃわん めいさびすけ)

制作年

桃山時代

材質・技法

陶器

寸法・
表装を含む外寸

高7.7×口径11.5×高台径5.0cm

文化財指定

酒田市指定文化財

解説

千利休の指導のもと楽焼を始めた長次郎が、黒の色に数寄の心を求めた茶碗。利休の侘茶の理想をかたちにしたと言われる。端然とした姿は無作為のようで手になじむ大きさと重さがあり、計算されたつくりであることが分かる。この茶碗は、黒の中に鉄錆色の褐色を交えた色合いから「さび介」の銘をもつ。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。