本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > D000145-1965|赤楽馬盥茶碗

唐物大海茶入 銘 大内海

種別

D工芸

作品名

唐物大海茶入 銘 大内海(からものたいかいちゃいれ めい たいないかい)

制作年

中国・南宋時代

材質・技法

陶器

寸法・
表装を含む外寸

高7.9×口径7.8×胴径11.3×底径6.4㎝

文化財指定

山形県指定文化財

解説

唐物茶入は鎌倉時代から舶来され、室町時代の茶の湯では特に賞玩されました。産地では香辛料などを入れる壺として使用されていましたが、日本では茶人たちが抹茶を入れる茶入として見立てたといわれています。
この茶入は、口縁が広くどっしりとしており、大海に入れるほど抹茶を多く入れられたことから「大海茶入」の名が付きました。明治20年(1887)代、旧庄内藩主酒井忠篤から本間家六代光美が拝領しました。箱には酒井家の蔵番「三拾二番」が記されています。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。