本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > D000148-1965|唐物丸壺茶入

唐物丸壺茶入

種別

D工芸

作品名

唐物丸壺茶入(からものまるつぼちゃいれ)

制作年

中国・元~明時代(14~16世紀)

材質・技法

陶器

文化財指定

なし

解説

豊かな曲線をみせる均整のとれた茶入で、釉は茶褐色釉と黒褐色釉が入り混じり変化に富み、黒褐色釉の一条のなだれは底に達し、見事な景色を表している。
代金請取証文により、この茶入は寛永3年(1626)に庄内藩初代藩主・酒井忠勝が、いつつや忠右衛門より大判330枚にて入手したものであることが明らかになっている。その後、酒井家より本間家に伝わった。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。