本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > D000168-1965|葡萄栗鼠蒔絵刀筒

葡萄栗鼠蒔絵刀筒

種別

D工芸

作品名

葡萄栗鼠蒔絵刀筒(ぶどうりすまきえかたなづつ)

制作年

桃山~江戸時代初期

材質・技法

木、漆、螺鈿

寸法・
表装を含む外寸

長さ113.0×口径11.9cm

文化財指定

山形県指定文化財

解説

刀筒は、大名などが外出時に刀の運搬に用いたもの。筒は刀の形に湾曲しており、鐔の部分が膨らんでいる。印籠蓋造に仕立てられた口には掛金具と蝶番が取り付けられている。総体を黒漆塗りとし、葡萄と栗鼠を曲面全面に巧みに描き、絵梨子地の手法による変化に富んだ表現を取り入れている。近世初期の洗練された作風を示す古作の刀筒として貴重である。

貸出

公開状況

公開していない(東京国立博物館へ寄託)

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。