本間美術館所蔵作品データベース

公益財団法人本間美術館 国指定名勝鶴舞園・清遠閣本間美術館所蔵作品データベース

本間美術館
収蔵作品データベース
database

作品詳細

本間美術館 > A-IK0093-S42|加藤 清正|書状  岡邊兵衛宛 肥後太守加藤浄池公神道碑写(附)

書状  岡邊兵衛宛 肥後太守加藤浄池公神道碑写(附) 加藤 清正

種別

A書跡

作者

加藤 清正(かとう きよまさ)

作品名

書状  岡邊兵衛宛 肥後太守加藤浄池公神道碑写(附)(しょじょう おかべひょうえあて)

制作年

文禄2年(1593)4月28日

材質・技法

紙本墨書

寸法・
表装を含む外寸

(書状)縦14.3×横92.8㎝ (碑写)縦25.5×横111.3㎝

文化財指定

なし

解説

加藤清正(1562~1611)が岡邊兵衛に宛てた書状です。岡邊兵衛は肥前名護屋(佐賀県唐津市)にいた豊臣秀吉周辺の人物と考えられています。文禄2年4月28日は、朝鮮に出兵していた清正ら日本軍が、戦局が朝鮮・明軍に有利となったため、ソウルから釜山付近に撤退したときの日付です。前年に自ら拿捕した朝鮮の王子兄弟に家臣三人を付けて名護屋に送ると伝え、自分の戦功については釜山にやって来た浅野長政に詳しく報告すると述べています。
また、政権内で自分の良くない噂を流す者がいて心許ないことも述べ、戦局が劣勢に転じたのは「日本人」が「長陣ニ退屈」しているからだと漏らしており、政権内の軋轢と戦争の長期化による軍隊の疲弊が清正を深く悩ませていたことがうかがえます。

貸出

公開状況

公開していない

一覧ページに戻る

本間美術館の収蔵作品データベースは、作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
また欠落するデータや古い情報が含まれる場合がありますのでご了承ください。

本間美術館が所蔵する作品の画像を出版・報道などに使用する場合は、許可が必要です。
詳しくは、当館までお問合せください。